リズムもろくにキープできない ドラム超初級者が たった1ヶ月で LIVEで一目置かれるドラマーになれる教室

ドラムが上達したい、けれど何をしたらいいか分からないそんなあなたにドラム上達のための知識から練習法までをブログに書いていきます!せひ、一読お願いします!

放置プレイも上達のひとつ?!

こんにちは!

 

 

りくです。

 

 

タイトルを見て、

『え?!』

と、思ったあなた

 

 

そうなんです、

放置プレイも大事なんです

 

(それってどういう事??)

 

 

いわば、休むのも練習

という事ですね

f:id:miyagigroove:20180219230225j:plain 

 

例えば筋トレでいう

超回復みたいなものです

 

筋肉がつく時って、

筋繊維がちぎれて回復する時ですよね?

 

 

 

ドラムだって練習後に、

体がめっちゃ疲れません?

 

 

速いビートを叩けば、

腕が痛くなりますよね?

 

ドラムはいわば

筋トレみたいなものです

 

f:id:miyagigroove:20180219230406j:plain 

 

あなたにこんな経験ありませんか?

練習を頑張って、

ある程度期間が空き再度練習し始めたら、

 

 

『あれ?上手くなってる』

 

 

ありますよね?

 

 

無理をしすぎると

体に負担がどうしてもかかります

最悪の場合、ドラマーによくある

 

腱鞘炎になってしまいます

 

f:id:miyagigroove:20180219230540j:plain 

こうなればしばらく練習できません

だから、

無理は禁物なんです

 

 

 

例えばスポーツでもよく言われてますよね

あまり無理をすると、

体を壊します

だから、休むのも練習

 

 

 

練習中に例えば初級者のあなたは

肘や手首に異変を感じた経験が

何回かあるはずです

 

その場合はすぐに

練習を中止しましょう

 

 

 

そして、なんで痛いのかを考え

必ずフォームをチェックしてください

 

だいたいフォームが、

おかしい場合が多いです

 

 

 

本当にドラムは自分の体と

相談しながら

練習しましょう

 

怪我をしてしまっては

元も子もありません

しっかりとした

体のケアも大事です

 

 

さっそく取り入れて見てください