リズムもろくにキープできない ドラム超初級者が たった1ヶ月で LIVEで一目置かれるドラマーになれる教室

ドラムが上達したい、けれど何をしたらいいか分からないそんなあなたにドラム上達のための知識から練習法までをブログに書いていきます!せひ、一読お願いします!

これが出来ると一躍モテ期に?!

こんにちは!

 

 

りくです

 

 

 

今日はドラム初級者のあなたが、

必ずぶつかる壁であろう

 

 

キックのダブルについて、

お話ししていきます

 

 

 

さぁ、キックのダブル、

苦戦してますか?

 

難しいですよね、

なかなか綺麗に『ドッドッ』って

鳴らないですよね?

 

 

 今練習してる曲にも、

必ずと言って良いほど

使われているはずです

 

 

 

(綺麗に鳴らないからまとまらない…)

 

 

(足が疲れて辛い…)

 

 

そうですよね、そこで

楽に、綺麗に鳴る

バスドラダブルを教えていきます

 

 

 

スライド奏法ってご存知ですか?

もしかしたら聞いたことあるかもしれません

 

 

なぜスライド奏法かと言うと、

理屈が簡単で、意外と出来ちゃうからです

 

 

 

例えば、キックのダブルは

主に跳ね返りを利用するんですけど

 

やり方が理解しにくく、

よく跳ね返りも感じられない奏法って

つまらなくないですか?

 f:id:miyagigroove:20180225192434j:plain

 

そんなつまらないまま練習なんて

出来るわけがないんですよ

 

 

だから、わかりやすく

意外と出来ちゃう

スライド奏法なんです

 

 

 

 

それではやり方から説明していきます

 

 

 

まずは、ペダルの真ん中あたりに

足を置き、そのまま踏みます

 

次にその跳ね返りを利用して

前にすべらせて

2打目を踏みます

 f:id:miyagigroove:20180225192209p:plain

 

これだけです

ね?簡単な理屈ですよね?

 

 

 

例えばバスケットボールでいう

ドリブルと似てます

 

地面にボールを叩きつけ、

跳ね返ってきたボールをコントロールし、

また叩きつける

 

 

ドリブルとキックのダブルの理屈は

変わりません

 

 

 

あとは毎日の練習です

大体数週間あれば出来ます

 

 

 

キックのダブルは殆どの曲に

取り入れられてます

 

これをマスターできたら

曲の幅が広がります

 

 

できる曲が増えます

 f:id:miyagigroove:20180225192525j:plain

 

そうなったら、

かっこよくないですか??

 

 

 

今日からさっそく取り入れましょう