リズムもろくにキープできない ドラム超初級者が たった1ヶ月で LIVEで一目置かれるドラマーになれる教室

ドラムが上達したい、けれど何をしたらいいか分からないそんなあなたにドラム上達のための知識から練習法までをブログに書いていきます!せひ、一読お願いします!

ドラムはいかにバラバラにできるか?!

こんにちは!

 

 

りくです

 

 

 

今日は、

簡単でシンプルで効果的な

劇的な練習法を紹介します

 

 

タイトルでも少し触れてますが、

ドラムはいかに

バラバラに叩くか

同時に叩くかです

 

 

 

そのバラバラに叩くことを

手と足にフォーカスして

練習していきましょう

 f:id:miyagigroove:20180303010127p:plain

 

まず手順を紹介します

 

 RRRRK

 (LLK LK LK)

 

R= 右手(スネア) Kキック(バスドラ)

L= 左手(スネア)

 

 

これです

シンプルでしょ?

 

 

 (こんな簡単で大丈夫なの?)

 

 

大丈夫なんです

この練習をやるやらないで

大きな差があります

 f:id:miyagigroove:20180303145528j:plain

 

 

先ほども言った通り

ドラムはいかに

バラバラに同時に叩くかです

 

同時にというのは

何かと出来ますが、

バラバラは意外と難しいんです

 

その難しい手足バラバラが

練習不足だったら

 

例えば手足がうまく分離できず

LIVEで手が足につられる

なんて事も起こり得ます

 

 

そうなると初級者って

一発でわかってしまい、

存在感を表せることはないでしょう

 

 

 

逆に、

毎日練習を積み重ねると

どうなるか?

 

例えば手足バラバラの複雑なフレーズ…

 

 

複雑なフレーズの中にも

実は手足バラバラのフレーズが多いんです

 

ちゃんと手足の分離ができていれば

以外と簡単にできてしまいます

そういった複雑フレーズを

LIVEなんかで披露できると、

 

 

初級者なんて思われないですね

 

 

だから、この練習で

基礎的な技術をつけ、

複雑なフレーズも

スムーズに叩きましょう

 

 

プロドラマーがソロでみせる

複雑で細かいフレーズも

この練習法で身についてます

 

 

 

それでは詳しく手順も説明していきます

 

1.右手→キックの順番で叩きます

  ちゃんとメトロノームに合わせましょう

  逆の手順でも効果的です

 

2.自分のできるテンポで行い、

  だんだんテンポを上げていきます

 

3.そして左手→キックの手順でも叩きます

   逆の手順もやりましょう

   また、2.を繰り返しましょう

 

 

 

どうですか?

意外と難しいですよね??

 

 

 

でも、

難しからこそ上達すると思います

必死に食らいついていきましょう

 

 

この練習法は

ドラムセットがなくてもできます

手は太ももを叩きつつ

足を鳴らすようにやりましょう

 f:id:miyagigroove:20180303011101j:plain

 

 

電車や講義中など、

空いた時間にもできるので

実践してください