リズムもろくにキープできない ドラム超初級者が たった1ヶ月で LIVEで一目置かれるドラマーになれる教室

ドラムが上達したい、けれど何をしたらいいか分からないそんなあなたにドラム上達のための知識から練習法までをブログに書いていきます!せひ、一読お願いします!

タム回しの応用練習法!!!

こんにちは!

 

りくです

 

今日は前に紹介した

タム回し

応用練習法を紹介します

 

前回のブログは

こちらから↓

miyagigroove.hatenablog.com

 

 

『前回のじゃまだダメなの??』

 

ダメという訳ではありません

けど、上手くなりたいあなた

基礎編だけじゃ物足りないはず

 f:id:miyagigroove:20180303151526j:plain

前回のタム回しは、

スネア→タム1→タム2→フロアタム

の順番で紹介していました

 

今回は順番も打数も応用して行きます

この応用編であなたのドラムは

さらに上達します

 

『基礎編でも十分じゃない?』

 

本当に良いんですか?

この応用編をやるやらないでは

大きな差が生まれます

 

ましてや今回もシンプルな内容です

この練習を少しやるやらないで

実力差が生まれますよ?

 

どんな風に差が開くかって??

 

例えば、あなたは

タム回しでスティックを

落とした経験ってありませんか?

 

他のドラマーより、

綺麗に叩けてなかったりしませんか?

 

例えば他のドラマーが

この練習を毎日取り組んでいて

あなたの目の前で

 

ミスもなく、綺麗な音で叩き

チヤホヤされてるんですよ

 

たまらなく悔しいですよね?

そしてLIVE後の他のドラマーと

交流もないまま、

ヒソヒソと帰るだけになってしまいます

 f:id:miyagigroove:20180303151719j:plain

逆にこの練習法によって

あなたのドラミング人生が変わります

 

あなたがこの応用編と前回の基礎編を

併用してやれば、

どんなタム回しでも叩けます

 

 

例えば、他のドラマーが苦戦してる

タム回しだって、

あなたは叩けるわけです

 

優越感 感じますよね?

他のドラマーより叩ける

この優越感を味わえるんですよ

 

いかに練習法にこだわるかで

先ほど言った

ミスも減らせます

音も綺麗にできます

 

スティックを落とすのが嫌なら、

綺麗な音を出したいなら、

ぜひここでマスターしていただき

周りに差をつけましょう

 

そうなれば例えばLIVEのときに

より正確により複雑に

タム回しができますよ?

 

 

さぁ、さっそく紹介していきます

この譜面です

f:id:miyagigroove:20180623161227p:plain

 

1.まずは4打ずつで、スネア→タム1

    次はスネア→タム2スネア→フロアタム

    スネア→ハイハット順に連続で叩きます

 

2.次は2打ずつです、さっきの1.の順で

    やりましょう

f:id:miyagigroove:20180623161339p:plain

 

3.このスネアを中心とした1.2.

    次はタム1を中心にしたり、フロアタムに

    したりと、工夫して見てください

 

4.ひと通り終わったら、

    左からスタートも忘れずにやりましょう

 

  

f:id:miyagigroove:20180623161508j:plain

回し順を整理します

 

*スネア始まりの場合

スネア→タム1→スネア→タム2

スネア→フロアタム

スネアハイハット

 

こんな回し方もあるんです

結構難しいですか?

 

なら、上達できるチャンスです

難しいからこそ、上達します

 f:id:miyagigroove:20180303041304j:plain

今すぐスティックを握りしめて

スタジオへ向かいましょう

 

ウォーミングアップでトライして見ても

いいでしょう

 

ぜひ取り組んでください

 

コメント等も

お待ちしてます!

 

更にブログの更新を

見逃さずチェックするために

読者にもなりましょう!

 

りく@ドラムアドバイザー