リズムもろくにキープできない ドラム超初級者が たった1ヶ月で LIVEで一目置かれるドラマーになれる教室

ドラムが上達したい、けれど何をしたらいいか分からないそんなあなたにドラム上達のための知識から練習法までをブログに書いていきます!せひ、一読お願いします!

キック力を上げるには、これしかない!!

こんにちは!

 

りくです

 

あなたはバスドラの

キックが

弱く感じてませんか?

 

なんか、キレがない…

 

『音が小さく感じる』

 

その原因としては、

【キック力】が足りないのです

f:id:miyagigroove:20180303150642j:plain

 

要はバスドラを踏む時の

が足りないのです

 

力が足りないと、

音がしょぼく聞こえたり

聞こえにくかったりします

 

LIVEでも、あまり聞こえないって事

十分にあります

 

あとは、速いビートになると

追いつかなくなります

 

でも、強いキックを踏めれば

全体的に音が力強くなります

 

LIVEでの存在感は

圧倒的なものになるでしょう

 

今回紹介するのは

筋トレではありません

 

ペダルを踏むという動作のもと

キック力を上げていきます

 

僕も実際、この練習をやって

LIVEでは

キック力を褒められました

 

 『君、キック力あるね』

 

めちゃくちゃ嬉しかったです

 

キック力が上がれば

余裕も生まれます

 

バスドラの音量調節

自由自在になるんです

小さい音から大きな音まで…

 

そうするとドラム全体と言わず

バンド全体の音量を

コントロールできるわけです

 

ラードやってて足が力んで

うるさいバスドラ踏んでたら

嫌ですよね?

 

逆も嫌ですね

 

 

だから、あなたは

音量をコントロールできる

うまいキックも手に入るんです

 

 

逆にここを放っておくと

速い曲になると叩けないし

所々キックもうるさいドラマー

に、なりかねないです

 f:id:miyagigroove:20180303151027j:plain

 

正直そんなドラマーは

全然うまくないですよね?

 

LIVEでもバンド練習でも

合わせずらいドラマー

に、なってしまうんですよ

 

そうすると、ドラムいらない

なっちゃうわけです

 

だから、キック力

とても重要なのです

 

 

なので今回はキック力をつけ

 

強いバスドラを踏めるようになり

速いビートも踏めるようになり

また、音量もこコントロールできる

 

力強いキック力を身につけましょう

 f:id:miyagigroove:20180303150802j:plain

 

 

そのためにシンプル効果的

練習法です

 

では紹介します

 譜面です

f:id:miyagigroove:20180623155808p:plain

 

手と足のダブルの3連符ですね

 

もちろんこれもメトロノーム

やりましょう

力み過ぎず、脱力を意識しましょう

 

これによって足のダブルの

粒も揃えることができます

 

もちろん、キック力も上がります

始めの頃は足がキツくなると思います

でも、これを筋トレと思って、

コツコツ頑張りましょう

 

 

では早速、スタジオに入ったら

一番最初に練習して

キック力をつけましょう

 

もっと上達したい方は、ブログだけでは

伝えきれないため無料プレゼント

としてお渡ししています!

 

PDFファイルのためメルアドを

登録して頂き

お渡しする形になっております。

↓↓ ↓ ↓ 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/33a32306561928

↑↑↑↑

 

更に、コメント等も

お待ちしております!

 

ぜひブログの更新を

いち早くチェックするために

読者になりましょう!

 

 

りく@ドラムアドバイザー